【スタディサプリ】関正生先生の英語の授業を受けてみた【体験談】

スタディサプリの英語講師である関 正生(せき まさお)先生の授業を実際に受けてみました。さすがスタディサプリを代表する先生、わかりやすいだけでなく、潜在的なモチベーションをあげてくるような授業です。そんな関正生先生の授業の体験談をまとめました。

 

関 正生先生の授業風景1 関 正生先生の授業風景2

 

今回私が受講したのは関正生先生の高3英語スタンダードレベルの文法編です。単元は「時制(1)」、つまり最初です。もうね、何ていうか、一言でいえば、「スタディサプリをやるなら関正生先生の英語を受けなさい」という感じ。

 

関正生先生の授業の印象
  • 最初につまずきやすいところ、ポイントとなるところを示す。
  • 思ったより早口、だけど理解できる。わかりやく、聞き取りやすい言葉を使っている。
  • 学校の先生が難しいこと言った箇所を、簡単にまとめてくれる。
  • 英語の本質を理解することで、不要な丸暗記する必要がなくなる

 

時制の中でも「現在形」って、みんなが当たり前のように使っているから簡単そうに思えるけど、実は奥が深い。もしかしたら学校では「現在形には『@習慣』『A不変の真理』『B確定した未来』の意味がある」と教わったかもしれない。実際多くの文法書にはそう書いてある。

 

で、問題読むときに「どの用法だ?」と悩むんだよね。

 

 

 

関正生先生は「現在形」を以下のように説明しています。

 

現在形=現在・過去・未来形を示す
つまり、昨日も・今日も・明日もすること。

 

それだけ。

 

例えば@習慣とA不変の真理の例文。
@ I go to school.(私は学校に行きます)
AThe sun rises in the east.(太陽は東から昇る)

 

確かに言われてみれば@は「習慣」だろうし、Aは「不変の真理」だろう。でも結局は「昨日も・今日も・明日もすること」なんだね。

 

入試レベルを超えた内容?でもそれが英語の本質

関正生先生は、現在形は「昨日も・今日も・明日もすること」というのが英語の本質といいます。では英語の本質がわかると何かいいことがあるのか?

 

あるんです。

 

例えば会話で使う慣用表現に「What do you do?」というのがあります。意味は「お仕事は何ですか?」ですね。私も昔、丸暗記しました。

 

でも、英語の本質を理解すれば丸暗記は必要ないのです。

 

What do you do?
=×あなたは何をしますか?
=○昨日も今日も明日も何をしますか?
  →お仕事は何ですか?

 

慣用表現だから丸暗記というのは非効率。英語の本質を理解すれば、自然と解釈を導けるようになります。

 

さて、余談ではありますが、関正生先生は「What do you do?」に対するかっこいい返し方もアドバイスしてくれました。

 

What do you do?
→I’m a student.
→I Go to school.

 

どちらの返しがいいですかね?わかった人は現在形マスター。わからなかった人は、関正生先生の授業を受けてみてください。

 

あ、わかった人もぜひ。

 

どんな予備校の英語講師よりも「イイネ!」

もし「文法書を全部理解できるような細かい知識を会得したい!」と思っている人がいたら、すぐに立ち去ってください。そういうのではありません。

 

むしろそういう「複雑で多くの解釈を丸暗記させられていた悪しき受験英語」を正面から打破し、「スマートかつ実践的で、それでもなお受験英語で勝ち抜くための英語」を教えてくれるのが関正生先生です。

 

どんな予備校の英語講師よりも「イイネ!」と感じます。

 

これで月額980円で、全教科・全講座を受け放題は最高にイイネ!

 

Written by イイネ!にはまっている管理人タコス

 

今なら期間限定で14日間無料利用+2,000円キャッシュバックキャンペーンが開催中です!

>>スタディサプリのキャンペーンコードの詳細


>>スタディサプリ公式サイトはこちら

 

最後に、関正生先生の授業の雰囲気がわかるまとめ動画を2つご紹介します。それぞれ90秒ほどなので、ぜひご覧ください。

 

 

 


今なら期間限定で14日間無料利用+Amazonギフト券1,500円分をもらえるキャンペーンが開催中です!

>>スタディサプリのキャンペーンコードの詳細



スタディサプリ公式サイト


ライバルに差をつけるなら、今がチャンス!